複業と副業の違い~正しく理解して上手に生きよう~

働き方
スポンサーリンク

こんにちは!

Webライター兼コワーキングスペースの運営スタッフをしているあず(@azumonchy)です。

 

いきなりですが、

 

最近、YouTuberをはじめとして会社に雇われないなど、

多様な働き方があるんだな~

 

と感じることが多くないですか?

そんな自分も2018年に新卒で入社した企業を2年半で退職して現在はフリーランスとして生活をしています。

 

2018年は政府が副業解禁を宣言したことから「副業元年」とも言われており、今まで副業を禁止していた大手の企業も副業を解禁する流れです。

 

今後もこのような流れにより副業はますます注目されていくのではないでしょうか。

 

さらに、副業に似た言葉で「複業」も聞いたことがあると思います。

 

しかし、

副業と複業って違う言葉?

同じじゃないの!?

 

と思っている人も多いはず。

 

そこでこの記事では

  • 副業
  • 複業

の違いについて詳しく説明していきます。

 

今後の多様な働き方に備えて正しく理解しておきましょう!

 

副業と複業の違いは仕事に対する力の入れ方

同じ「ふくぎょう」と読み、非常に紛らわしい「副業」と「複業」。

 

定義を確認してみると、

副業:本業以外で収入を得ること
に対して
複業:本業をいくつも持つこと
と言うことができます。

簡単に説明すると・・・

「副業」は1つ大きな収入源がある状態で空いた時間に働いて収入を増やしている状態。

 

「複業」は小さな本業をいくつも持っている状態。

と言うことができます。

 

数字でも表してみましょう。

「副業」は 本業9:副業1

「複業」は 本業5:本業5

といったイメージで大丈夫です。
(※数字はあくまで参考です。必ずこの割合であるとは限りません。)

 

こう考えると読み方は同じでも全く違うものであることがわかります。

 

 

では、「副業」と「複業」それぞれの特徴を確認してみましょう。

副業の特徴

改めて、副業とは本業以外から収入がある状態のことです。

 

副業の特徴として、

  • 辞めても収入が大きく変わらない
  • 雇用契約がない仕事
  • 本業との兼ね合いが難しい

が挙げられます。

 

辞めても収入が大きく変わらない

副業は本業と比較しても力を入れる割合が非常に少ないため、やはり稼げる金額も多くはないことがほとんどです。

 

そのため本業に支障が出そうになったり、疲れてきたな・・・と感じたのであれば、気軽に辞めて本業だけを頑張る!ということもできます。

もし本業の仕事終わりや休日にアルバイトを副業として始める場合はすぐに辞めることができないこともあるので注意が必要でしょう。

雇用契約がない仕事

副業として収入を得る際に多くの仕事は雇用契約がありません

 

例えば、

  • メルカリで家にあるものを売る
  • クラウドソーシングで自分の趣味を生かして収入を得る(【Freelance Basic by ランサーズ】
  • FXや株式などで利益を得る

など、雇用契約がない仕事が多いため、いつでも自分の状況に合わせて辞めることが可能です。

 

本業との兼ね合いが難しい

2018年に政府が副業を解禁したため、副業を許可する企業が増えてきましたが、未だに就業規則で禁止している企業も多くあります。

 

会社に副業がバレなければ大丈夫でしょ!

と思うかもしれません。

 

しかし副業で稼ぐ金額が大きくなった場合、確定申告が必要になるなど税金の関係でバレることが多いようです。

 

企業が副業を禁止している理由として、

  • 本業に支障が出る
  • 会社の機密情報が洩れる
  • 会社の信用を落とすかもしれない

といったことが考えられます。

 

副業に力を入れすぎたり、会社と競合している企業で働くことによる機密情報の漏出など本業に支障が出ない範囲で副業を行いましょう。

 

 

複業の特徴

複業とは、本業を複数持っている状態のことです。

 

複業の特徴として、

  • 一つ本業がなくなっても大きく困らない
  • コミュニティが増える
  • 自分の思うように働きやすい

が考えられます。

 

一つの本業がなくなっても大きく困らない

いくつもの本業を持っている状態ですので、副業と比較して本業が一つ無くなっても大きく困ることはありません。

 

副業の場合、本業がなくなってしまうと一気に収入がなくなってしまいます。

 

今の時代、大手の企業でもリストラや倒産の可能性は大きくあります。

 

本業をいくつももっている複業であれば、もし一つなくなったとしても、いきなり収入に困る可能性は低いと言えます。

 

コミュニティが増える

本業を複数行っているということは自分が所属するコミュニティが増えることでもあります。

 

複数のコミュニティに所属することにより、様々な情報が入ってくるため新しい発見や出会いなど多くの刺激を貰うことができるでしょう。

 

自分の思うように働きやすい

現在、「副業」という言葉は多くの方に認知されていますが、「複業」はあまり認知されていないのが現状です。

 

「複業」は比較的新しい働き方とされています。

 

そのため、複業している人はあまり多くありません。

複業できる企業というのは非常に限りがあるでしょう。(企業に所属ではなく、起業などでももちろん大丈夫です)

 

しかし複業を最初から容認してくれている会社であれば、リモートワークであったりフレックス制度など働きやすい環境が整っている企業が多いです。

 

まずは一度、複業できる企業を転職サイトから探してみてはいかがでしょうか?

 

新しい働き方が想像できるハズですよ!

 

とにかく自分が満足した働き方をすることが大切

この記事では「副業」と「複業」の違いについてご紹介しました。

 

インターネットが発達したことによって多様な働き方が認められるようになりました

これまでは一つの企業でなるべく長く働くことが一番の安定でした。

もちろん、現在も大手の企業に入れば安泰であると言えるかもしれません。

 

しかし何が起こるかわからなくなっているのも現状です。

 

多様な働き方ができる現在、少しでも違った働き方を知っておき、選択肢を増やしておくのもリスク管理の一つになります。

 

もし本業がなくなったらどうしよう?って多少なりとも不安に思っている方は選択肢の多さを知っておいてほしいです。

 

一歩踏み出すことで新しい世界が待っているかもしれませんよ!

 

今の働き方に少しでも不満があるのであれば、自分の本当にしたい働き方をかんがえてみてください!

 

 

ではでは。。。
Enjoy Your&My Life!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました